Freedom-Wild duron900 by JUGEM

Since 2004/04/06 好奇心からです・・・
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
新自由奔放
naturam.banner

ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
  •  

    PR
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PCX シート改造完結・・・
    seat01

    前回のコブ改造の際、FINALと銘打ったのですが完璧ではありませんでした。
    乗車位置は良いものの、シート自体のコブ取り付け部の盛り上がりが邪魔なのです。
    今回は後戻り不可の一か八かの最終手段を実施しました。

    結果的には最初からこの方法をやっとけば良かったなと・・・。
    コブの調整も良いのですが、数センチ単位の移動では私には手間が増えただけでした。
    180僂鯆兇┐襪茲Δ癖は最初からコブは無視して、シートへの着手をお奨めします。

    以下作業内容です。

    seat02
    オーナーの方はわかると思いますが、ネジ取り付け部分のでっぱりがお尻の痛みの元凶です。
    先人の方はグラインダー&サンダーを用い、綺麗に仕上げてますが自力で頑張ります。
    どうしてもシート布を剥がしたくないのですべて裏からの作業です。
    方法は電動ドリルで穴を無数に開けて引っ張り出す作戦にします。

    seat03
    こういった感じで上手くいくはずです

    seat04
    最初の一穴。上手くいきそうですね。。。

    seat05
    ご覧のとおり無事に穴が開きまして、後には戻れなくなりました。笑
    さて実は左右の方法を変えてます。やはりドリルだと穴と穴の間を切り取るのが困難です。
    最終的に力技になってしまいました。そのためどうせ綺麗にならないだろうと、半田ごてで
    溶かしながら切り取る方法に切り替えました。これが結構簡単に切り取れまして、最初の苦労は
    なんだったんだというレベル。ただし仕上がり方は左右変わりなし(笑)

    seat06
    取り外した部分は空洞になります。そのまま乗車しても問題ないのですが、シート皮がよれるのを
    防ぐ為に薄いスポンジを隙間に合わせて埋めてます。

    seat07
    表から見ても中々良い感じですね。

    seat08
    裏側の処理を考えましたが、このままでもスポンジが落下する事もなさそうなので放置します。
    これからスポンジのへたりとか出たら対応しやすいですからね。

    seat01
    問題のコブの穴の埋め方ですが、私は薄めのスポンジを円状に切り取り接着剤で貼りつけました。
    ちょっと見た目が厚すぎる感がありますが、乗車すると良い感じにお尻の抑えに役立ってます。
    素材が素材なのでその内崩れるでしょうが、その時は薄いゴムラバーにでも変更してみます。

    乗車インプレですが、やはりお尻の痛みがありません。完全にベストポジションです。
    足を伸ばした状態でもお尻の負担がありません。メットスペースを犠牲にしたくなく
    それでもポジションを後方に移動させたい方にはお勧めします。時間も費用も掛かりませんよ。
    スポンサーサイト
    - | 01:58 | - | - |
    コメント
    from: duron900   2014/05/23 7:05 PM
    次回はそうしましょうかねw
    from: akira   2014/05/21 8:41 PM
    施設課の○川さんに相談すれば良かったのに・・・・・
    最悪の場合レザーを購入し○川さんに張り替えてもらえばOKですね!
    コメントする









     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://duron900.jugem.cc/trackback/1578
     

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.